インビザライン

インビザラインとは

インビザラインは、一人ひとりの歯の状態に合わせたマウスピースをお作りし、そのマウスピースを装着することで歯並びをきれいにしていく矯正治療です。マウスピースは透明で薄い素材でできているため目立たず、歯を磨く時やごはんを食べる時は、取り外すことができます。ただし、1日20時間〜22時間は装着しないと効果が薄れてしまいますので、むやみに外さないようにしましょう。なお、マウスピースは最新の3Dコンピューターシステムによって製作し、治療開始時にいつまでにどれくらい歯が動いていくのかを計算します。

インビザラインの特徴

目立たない

マウスピースは、医療用の透明なプラスチックで作られていますので、お口を開けても矯正治療中であることはほとんどわかりません。目立たない矯正治療を受けたいという方には、特にお勧めです。

食事の邪魔にならない

固定式の矯正装置を使っていると、どうしても違和感が気になったり、食べられるものに多少の制限があったりします。しかし、インビザラインは取り外すことができますので、いつも通りの食事を楽しんでいただけます。

2週間ごとに新しいマウスピースに

インビザラインは、最初に複数のマウスピースを作っておき、2週間毎に取り替えていきます。そうすることで歯の位置を少しずつ動かし、最終的にはシミュレーション通りの結果を得ることを目指します。

歯磨きがしやすい

歯磨きの際も取り外すことができるため、磨き残しによって虫歯になりやすくなるといった心配はありません。また、金属を使っていないためお口の中を傷つけたり、口内炎ができやすくなったりすることもありません。

きちんと自己管理しましょう

インビザラインは、最低1日20時間装着していただいて、初めて効果があります。着脱式のため、むやみに取り外してしまうと、当初予定通りの治療効果が得られなくなってしまいます。つまり、「取り外しができる」というのはメリットである一方、デメリットになるリスクもあるということです。食事や歯磨きの時以外は装着し続けるようにしましょう。

適応症例について

インビザラインは、適応症例が限られており、奥歯の抜歯が必要な時、歯並びが大きくずれている時などは、適応できないことがあります。ただし、ブラケット・ワイヤーを使った矯正やインプラント矯正と組み合わせることで、インビザラインの使用が可能になることもあります。